■朝の顔のむくみの原因についてQ&A


Q 顔のむくみの原因として、食生活が偏ったり、栄養不足からむくみの症状が起きることはありますか?

A はい。食生活とも大変深い関わりがあります。顔のむくみの症状は、とくにまぶたにあらわれます。朝、起きてまぶたが腫れていると、人相も変わってしまい、すぐに顔の変化に気づくはずです。まぶたは、顔の中でもとくに皮膚がたるんで薄く、水分が溜まりやすくなっています。また、塩分の摂取過剰、ビタミン・ミネラル不足には要注意です。とくにカリウムやマグネシウムが不足しないように配慮が必要です。塩分の濃い食事を避けて、野菜や果物を積極的に摂るように心がけましょう。


Q この頃仕事が忙しくて、休日も疲れて運動不足になっています。運動不足は、顔のむくみと関係がありますか?

A 運動不足になると、身体の新陳代謝が低下して血流やリンパの本来の働きが悪くなります。運動する時間がなかなかとれないようであれば、入浴の時間をゆっくりとって、疲労回復とともに、身体をじっくりと温めて、血液循環やリンパの流れがよくなり、顔だけでなく、足のむくみ改善対策にもなります。


Q 朝の顔のむくみは、女性に多いのですか?

A 朝の顔のむくみや足のむくみは、とくに女性に多くみられるようです。近年、冷え性や低体温質、低体温症状と呼ばれる人が増えています。とくに、真夏のエアコンのかけ過ぎは、顔や足の体のむくみの原因となります。顔がむくんだままでいると、お化粧ののりもいまひとつです。朝、起きて洗顔するときに、やわらかくもみほぐすようなかんじで、軽くマッサージすると、顔の血行がよくなり、自然と落ち着いてきます。女性は、生理中や妊娠中に、血液循環やホルモンのバランスの乱れにより、顔がむくみやすくなることがあります。