■顔のむくみ解消法


顔のむくみを解消する方法について、ご紹介していきたいと思います。顔がむくんでいると感じたら、自分で簡単に解消することができます。むくみは、そのままほおっておいても、一時的なものであれは自然にもとにもどりますが、病気が原因でむくんでいるときは、むくみの症状が長引くことがあります。前日にお酒を飲んだり、睡眠不足、または寝すぎで顔がむくんでしまう場合があります。このような場合は、時間の経過にともない、自然に治ります

顔のむくみをとるには、いつもより朝の洗顔を丁寧に行い、洗願剤の使用量はまったく同じでかまいませんが、顔を優しくマッサージするようなかんじで、顔の血行がよくなるように意識するといいでしょう。時間に余裕があれば、朝風呂に入るといいでしょう。お湯の温度は39〜40度ぐらいぬるめのお湯にゆっくりとつかると、体が温められて、全身の血行がよくなり、リンパ液の流れもスムーズになります。体を温めると、体内の余分な水分がスムーズに排出されるようになります。

忙しくて、ゆっくり入浴している時間がなければ、お湯でタオルをあたためて、ゆっくりと顔にあてるといいでしょう。タオルからしずくがこぼれないように、少しきつめに絞っておきます。タオルが熱すぎると、顔の皮膚にダメ時を与えてしまうので温度に注意します。

顔のむくみは全身の疲労により生じることがあります。ゆっくりと時間があれば、アロママッサージなど、フェイスエステに行って、プロのエステティシャンにマッサージ受けるといいでしょう。朝の涼しいうちに、ウォーキングをして有酸素運動を行うといいでしょう。全身の血行がよくなり、むくみ解消対策になります。